テレ朝「週刊ニュースリーダー」謝罪 北朝鮮関連情報で無関係の映像「お詫びいたします」

[ 2020年6月20日 10:00 ]

テレビ朝日の社屋
Photo By スポニチ

 テレビ朝日「週刊ニュースリーダー」(土曜前6・00)が20日に放送され、前週の13日に放送した北朝鮮関連ニュースの内容に誤りがあったと訂正、謝罪した。

 番組でキャスターを務める同局の小木逸平アナウンサー(46)が「ここで先週の放送についてお伝えすべきことがあります」と切り出し、「先週の放送で北朝鮮当局が関係しているとみられるYoutubeチャンネルに投稿されていた動画を紹介しましたが、その中に誤った情報がありました」とした。

 「番組で紹介した映像の一部が日本で製作されたドキュメンタリー映画の映像だったことが分かりました。映画の映像とそこに映っていた学生については番組で放送された内容とは、一切関係ありませんでした」と説明。「誤った内容をお伝えしてしまいまして、視聴者の皆さま、そして関係者の皆さまにご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします」と謝罪した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年6月20日のニュース