土田晃之 「お笑い向上委員会」皆勤賞「さんまさんと僕だけ」のワケ

[ 2020年6月20日 11:57 ]

土田晃之
Photo By スポニチ

 お笑いタレントの土田晃之(47)が19日深夜放送の関西テレビ「桃色つるべ~お次の方どうぞ~」(金曜深夜1・25)に出演。フジテレビ系「さんまのお笑い向上委員会」(土曜後11・10)の収録について語った。

 明石家さんま(64)がMCを務め、芸人たちが集結し、予測不能のトークを展開する「お笑い向上委員会」。収録は1回で「3本撮りなんです」と話した土田は「休憩がないんですよ。ずっーと長回しを3本に区切る」と説明した。

 収録時間は「みんなおしゃべりが集まってるんで2時間ちょいくらい」と言い、「(共演者たちは)ずっとあのテンションだから僕なんかは疲れちゃう」と笑った。さらには「若手とか来ると『結果を出そう』と思って前に(どんどん)出るじゃないですか。そうすると、『はあ、早く帰りたい』って思う」とも。

 放送回数は「200何回ってやってる」という中、「皆勤賞は、さんまさんと僕だけなんです」と明かした土田。「最初のプロデューサーの方が『みんながガンガン出るのに土田はそんなにガンガン出なくて、ああいう人も大事だよね』って言ってくれたらしいんですよ。それで、(ひな壇の)はしっこに…」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年6月20日のニュース