亀井 坂本に絶叫メッセージ「勇人、あとは任せた!」「さよなら」のホームインのち9度舞った

[ 2021年10月23日 18:37 ]

セ・リーグ   巨人11ー1ヤクルト ( 2021年10月23日    東京D )

引退セレモニーで場内を一周した亀井は「サヨナラの亀井」にふさわしく最後はホームベース付近で待つチームメイトに三塁から迎えられる(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 巨人の亀井善行外野手(39)が、今季本拠地最終戦となるヤクルト戦の試合後に行われた引退セレモニー。

 「サヨナラが一番似合う侍。そんなあなたにサヨナラを言いたくなかった」

 大型ビジョンに亀井の巨人一筋、プロ野球人生17年間の歴史が映し出せれ、それを目に涙をためながらじっと見つめた後、「背番号9、今シーズン限りで引退します。原監督、チームメイト、ファンの皆さま…17年間ともに戦い抜くことができありがとうございました。心が折れそうになったこと、何度も何度もありました。その心をつなぎとめてくれたのがファンの皆さんの声でした。あの声援が聞けなくなると思うと寂しいです」と話すと涙がこぼれた。

 「最後になりますが…」と話そうとした時、場内から「亀ちゃん、ありがとう!」「何度も俺たちは亀ちゃんに救われたよ~」と次々に声が掛けられた。こらえていた涙を、もう止めることはできなかった。「最後になりますが」のあいさつのあと

「尚輝、ポジティブに頑張れよ」

「聖弥、あんたは天才だから、もうちょっと頭使っていけよ」

「勇人、あとは任せた!3000安打目指して頑張れ!」

 真っ暗な東京Dから「ありがとう~」「お疲れさまでした」「やめないで~」たくさんの声援を背にベンチ前に並んだ後輩たち一人一人に声を掛けた。名指しでエールをもらった松原や吉川たちも顔をくしゃくしゃにして泣いた。

 セレモニーのラストはグラウンド1周を終え、三塁からホームへ亀井が「サヨナラ」のホームイン。「亀井ありがとう!」特製Tシャツを着たナインも、そして東京Dのホームベースを踏みしめた亀井もはじけるような笑顔だった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月23日のニュース