DeNA武藤が現役引退登板 最後の1球は138キロ直球

[ 2021年10月23日 16:52 ]

セ・リーグ   DeNA─中日 ( 2021年10月23日    横浜 )

<D・中25>引退セレモニーで場内1周する武藤(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAから5日に戦力外通告を受け、15日に現役引退が発表された武藤祐太投手(32)が、23日の本拠地・中日戦で引退登板に臨んだ。

 5―0の9回無死から登板。高松を138キロの直球で空振り三振に仕留め降板した。右腕は、10年ドラフト3位でHondaから中日に入団し、18年にDeNAに移籍。古巣相手のラスト登板で、心に残るマウンドとなった。
 

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月23日のニュース