右ハムストリング負傷の阪神・近本 広島戦前の練習でフリー打撃こなす

[ 2021年10月23日 16:43 ]

打撃練習中に矢野監督(左)から声をかけられる近本(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 21日の中日戦で右ハムストリング(太腿裏)の強い張りを感じたため途中交代した阪神・近本は、この日広島戦前の試合前練習でフリー打撃をこなした。

 アップは本隊と離れて別メニューで調整。その後ティー打撃をこなし、フリー打撃では矢野監督、井上ヘッドコーチ、北川打撃コーチがゲージ裏から見守る中、反対方向中心の軽めのスイング。柵越えはなく、1セット21スイングで終了した。

 21日の中日戦で初回の第1打席で一塁を駆け抜けた際に負傷。試合中に西宮市内の病院に直行していた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月23日のニュース