負ければ4位のソフトバンク 先発の東浜が4失点KO

[ 2021年10月23日 15:27 ]

パ・リーグ   ソフトバンク─楽天 ( 2021年10月23日    楽天生命パーク )

ソフトバンク・東浜(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 負ければ8年ぶりBクラス(4位)が決まるソフトバンクは先発・東浜巨投手(31)が、3回途中で4失点KOされた。23日楽天戦で、0―0の2回1死から連続四球後に単打を浴び、2死満塁で三塁手・リチャードの失策で先制点を献上。続く山崎剛に2点打を浴びて3点を失った。

 さらに3回1死から島内、鈴木大に連続二塁打を浴びて2回1/3、62球4安打4失点で降板した。2番手大関が、マウンドへと向かい、味方の反撃を待った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月23日のニュース