天理が近畿一番乗りでセンバツ出場当確!主将・戸井がHR、エース南沢が完投

[ 2021年10月23日 16:02 ]

高校野球秋季近畿大会 準々決勝   天理5―1市和歌山 ( 2021年10月23日    皇子山 )

<天理・市和歌山>5回1死、左越えにソロ本塁打を放ち、原(右)とエルボータッチを交わす天理・戸井(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 天理(奈良3位)が市和歌山(和歌山1位)を下して4強入りし、3年連続となる来春センバツ出場を確実にした。

 エース右腕の南沢佑音(2年)が1失点完投。主将の「3番遊撃」戸井零士(2年)も5回に左越えへソロ本塁打を放つなど、投打がガッチリかみ合った。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月23日のニュース