阪神・佐藤輝 7回の同点劇を呼ぶ「ひたむきな」左前打「とにかく気持ちで打ちました」

[ 2021年10月23日 21:22 ]

セ・リーグ   阪神1ー1広島 ( 2021年10月23日    マツダ )

<広・神(24)> 7回2死一塁、阪神・佐藤輝は左前打を放つ (撮影・平嶋 理子) 
Photo By スポニチ

 阪神・佐藤輝が、同点劇を呼ぶ貴重な一打を放った。

 「もうとにかく気持ちで打ちました」

 1点ビハインドの7回2死一塁で、森下の149キロ直球を詰まりながらも左前へ。7打席ぶりの安打で一、三塁と好機を拡大し、直後に坂本が中前適時打を放って同点に追いついた。

 1打席目、2打席目は2打席連続で三振を喫し、プロ野球史上8位のシーズン171三振に到達。それでも大器には、一振りで打線に勢いを与えられる魅力がある。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月23日のニュース