DeNA新人・牧、歴代新人記録にあと1と迫るシーズン4度目の4安打 猛打賞記録も新人最多へ王手

[ 2021年10月23日 16:25 ]

セ・リーグ   DeNA─中日 ( 2021年10月23日    横浜 )

<D・中25>5回、二塁打を放つ牧(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAの新人・牧秀悟内野手が23日、中日戦の3―0の7回無死二塁で、岡田俊哉投手から左翼線適時二塁打。これがこの日4安打目。シーズン4安打を4度目とし、50年蔭山(南海)の歴代新人記録5度にあと1と迫った。

 通算13度目の猛打賞は、長野(巨人)、高山、近本(ともに阪神)に並ぶ歴代2タイに浮上。14で歴代トップの“ミスター”こと長嶋茂雄の58年の記録に、あと1と迫った。

 

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月23日のニュース