東大 48季連続の最下位が決まる 今季立大から1勝も

[ 2021年10月23日 17:12 ]

東京六大学野球秋季リーグ戦第6週第1日 1回戦   東大1―11法大 ( 2021年10月23日    神宮 )

神宮球場
Photo By スポニチ

 2回に先制したものの、投手陣が崩れ東大の48季連続の最下位が決まった。

 井手監督が「(立大に)1勝してチャンスと思ったが投手陣が調整不足だった」と嘆いたように、この日も9四球とムダな走者を許した。今季9試合で79四死球、1試合平均8・7個と大量失点に繋がっている。「投手陣を立て直さないとね。フォアボールが多すぎるから走り込ませるしかないか」と来季を見据えていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月23日のニュース