巨人・原監督続投 山口オーナー「続投要請して内諾を得た」と発表

[ 2021年10月23日 18:46 ]

本拠地最終戦後、スタンドのファンに手振る原監督ら巨人ナイン (撮影・森沢 裕)
Photo By スポニチ

 巨人・原辰徳監督(63)来季も続投することが23日、決まった。東京ドームでの今季最終戦後、山口寿一オーナーが「来季、原監督に続投要請をして内諾を得ました。詳しい細かなことはシーズンが全部終わっているわけではないので、これからになります」と発表した。

 今季が3年契約の3年目で、昨年までセ・リーグ2連覇を達成。今季はリーグ3連覇を逃したが、この日ヤクルト戦に勝利して3位でのクライマックスシリーズ進出を決めた。試合後のセレモニーで原監督は、ポストシーズンを見据えて「チャンスが有る限りジャイアンツはひとつになって、ワンチームになって戦い抜く」と宣言した。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月23日のニュース