中日・高松 根尾とそろってプロ初猛打賞「修正できたことが結果につながった」

[ 2021年10月23日 05:30 ]

セ・リーグ   中日2-4DeNA ( 2021年10月22日    横浜 )

中日・高松
Photo By スポニチ

 敗戦の中で中日・根尾、高松の若手コンビがそろってプロ初の猛打賞をマークした。

 3年目の根尾は5回2死から中前打、7回2死一、三塁では一塁へ適時内野安打を放ち「いつも通り一生懸命走った。点が入って良かった」と反撃の口火。9回も無死二塁から左前適時打でチームの全得点をたたき出した。

 4年目・高松も今季3試合目の1番起用に応え、バント安打を含む3安打、1盗塁。「後ろ体重になっていることに気付いて、修正できたことが結果につながった」と胸を張った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月23日のニュース