17日オリックス戦で引退登板の日本ハム・斎藤が1軍合流「気持ちは高ぶっています」

[ 2021年10月16日 12:38 ]

日本ハム・斎藤佑樹
Photo By スポニチ

 今季限りでの現役引退を表明している日本ハム・斎藤佑樹投手(33)が16日、引退試合となる17日のオリックス戦(札幌ドーム)に向けて1軍に合流した。

 練習ではブルペンに入って投球練習を行い、練習の合間にはチームメートらと談笑。引退試合に向けて「優勝争いをしているチームなので、頑張って抑えられるように準備したい。気持ちは高ぶっています」と意気込んだ。

 1軍での登板は、19年9月27日のオリックス戦以来2年ぶり。「この時間もあと2日だけなんだなと思うと寂しい気持ちはありました。今日あらためて皆と練習したりして、ファイターズの選手で良かったなと思いました。草野球とか、次のステップでもしかしたら野球をやる機会があるかもしれないですけど、プロ野球という世界で選手であることはもうないので」と感慨深げに語る場面もあった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月16日のニュース