ソフトバンク・ドラ5大竹 フォークの手本「憧れ」千賀から学ぶ 育成4位三浦は「まず支配下に」

[ 2021年10月16日 05:30 ]

一軍での活躍を誓う東北福祉大・大竹(右)と三浦
Photo By スポニチ

 ソフトバンクからドラフト5位で指名された東北福祉大の大竹風雅投手(22)と育成4位指名の三浦瑞樹投手(22)が15日、仙台市の同校で福山龍太郎アマスカウトチーフらから指名あいさつを受けた。

 大竹は1メートル85の長身から投げ込む最速150キロの直球、落差の大きいフォークが武器だ。フォークの手本としているのは千賀で「高校時代から憧れの選手。トレーニング方法などを聞いてみたい」と目を輝かせた。

 三浦は今春に防御率0・00でリーグ最優秀投手賞を受賞。スカウト陣から「体力と制球を生かして先発を目指してほしい」と期待の言葉を掛けられ、「まずは支配下に上がれるように頑張りたい」と力を込めた。(秋元 萌佳)

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月16日のニュース