×

快勝の大阪桐蔭 1年生左腕・前田が7回無失点の好投 西谷監督も評価「1年生の秋にしては」

[ 2021年10月16日 20:00 ]

高校野球秋季近畿大会1回戦   大阪桐蔭7―0塔南 ( 2021年10月16日    皇子山 )

<塔南・大阪桐蔭>圧巻の投球を披露した大阪桐蔭・前田悠伍
Photo By スポニチ

 大阪桐蔭が京都2位の塔南を相手に7―0の7回コールドで快勝した。

 初回2四死球と安打で1死満塁のチャンスを作ると、5番・丸山一喜(2年)と続く田井志門(2年)の連続適時打でこの回一挙5得点の猛攻を仕掛けた。投げては先発の1年生左腕・前田悠伍が7回を投げ2安打6奪三振を奪う好投。「1ボール2ストライクを意識して投げてます」。直球主体で相手打者を早めに追い込みむ投球術が早くも板に付いてきた。

 西谷浩一監督も「1年生の秋にしてはピッチングができている」と評価。

 17年以来の近畿制覇を目指す西の横綱が、盤石のスタートを切った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月16日のニュース