中日ドラフト4位・味谷「清水先輩と花咲徳栄バッテリー組みたい」 指名あいさつ受け意欲

[ 2021年10月16日 14:07 ]

中日から指名あいさつを受けたドラフト4位の花咲徳栄・味谷。色紙には「人間的成長」と記した
Photo By スポニチ

 中日からドラフト4位で指名された花咲徳栄・味谷(みや)大誠捕手(18)は16日、埼玉県加須市の同校で中日・松永幸男編成部長らから指名あいさつを受けた。

 右投げ左打ちで強肩強打の大型捕手として期待される味谷は「打撃を評価していただいているので、もっと良くしたい。肩も練習してもっと強くしたい」と意欲を見せた。

 2秒以内なら強肩と呼ばれる二塁送球タイムは1秒78を誇り、打撃もリストを柔らかく使い、広角に打ち分けられるのが魅力。担当の正津英志アマスカウトは「特に打撃を高く評価している。広島の坂倉やソフトバンクの栗原のようなタイプ。夏の大会が終わって木製バットで練習してからよくなった。うまくヘッドが使え、良い角度の打球が打てる」と期待した。

 同校からは7年連続のドラフト指名となり、中日には17年ドラフト4位で入団の清水が在籍。ドラフト後には携帯で先輩に「よろしくお願いします」とメッセージを送り、「おめでとう。いっしょに頑張っていこう」と返信があったという。味谷は「いつかは清水さんとバッテリーを組めるようになりたい」と花咲徳栄バッテリーの実現に意欲を見せた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月16日のニュース