元巨人監督・堀内さん「身延山にお願いしてきましたよ」 試合観戦できずも「もちろん結果は知ってる」

[ 2021年10月16日 22:49 ]

セ・リーグ   巨人7―8広島 ( 2021年10月16日    東京D )

堀内恒夫氏
Photo By スポニチ

 元巨人監督で野球解説者の堀内恒夫さん(73)が16日、自身のブログを更新。球団史上4度目の10連敗を喫し、12戦勝ちなしとなった古巣のため、故郷・山梨県にある日本仏教三大霊山の一つ、身延山に祈りを捧げたことを明かした。

 巨人は今季カード最終戦となった16日の広島戦(東京D)で0―8から必死の追い上げも1点及ばず、7―8で敗戦。12戦勝ちなしとなり、球団史上4度目の10連敗となった。2017年5~6月に喫した球団ワースト13連敗が近づくとともに、クライマックスシリーズ(CS)進出を争う4位・広島とのゲーム差は9月23日の14から3に。9月2日には貯金が15あったが、ついに今季初の借金2となった。前日15日のヤクルト戦(神宮)も7―8で敗れており、打線は上向きになってきたものの、疲れの見える投手陣が炎上した。

 15日は山梨県、16日は宮城県にいて巨人戦を観戦することはでいていないという堀内さん。「もちろん結果は知ってるけどね。身延山にお願いしてきましたよ。それでは、明日のためにもう寝るとします。おやすみなさい」とつづった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月16日のニュース