関西国際大・不後 7回参考ながらも“ノーノー”達成 予定していた巨人ドラ1・翁田の登板なくなる

[ 2021年10月16日 17:51 ]

阪神大学野球1部秋季リーグ戦第7節第1日   関西国際大7―0神戸国際大 ※7回コールド ( 2021年10月16日    南港中央 )

<神戸国際大・関西国際大> 関西国際大の先発・不後は7回参考ながらノーヒットノーランの好投を見せる (撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 今年のドラフトで巨人1位指名を受けた翁田大勢が所属する関西国際大の2年生左腕・不後祐将が7回参考記録ながらノーヒット・ノーランを達成した。

 「ヒットは打たれてないなと思っていましたが、意識はしませんでした」 

 中京学院大中京時代もノーヒット・ノーランは参考記録止まり。この日は投球リズムも良く、9回での記録にも期待が高まっていたが、新型コロナ禍でコールドゲームを採用しているリーグ事情もあり、7回で試合は終わってしまった。

 「でも、マウンドに上がれば打たれたくないのでノーヒットはうれしいです」

 この日は、翁田の登板も予定されていたが、鈴木英之監督は「ノーヒットで交代させるのは……。そう思っていたらコールドゲームになってしまった」と、不後の快記録を喜ぶ半面、複雑な表情だった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月16日のニュース