×

Rソックス沢村 リーグ優勝決定シリーズでロースター入り「自分の責任果たしたい」

[ 2021年10月16日 11:50 ]

試合前に取材に応じる沢村(撮影・杉浦 大介通信員)
Photo By スポニチ

 レッドソックスは15日(日本時間16日未明)、同日にヒューストンで開幕するアストロズとのア・リーグ優勝決定シリーズ(7回戦制)の出場登録選手を発表し、沢村拓一投手(33)が今ポスト シーズンで初めてメンバーの26人に入った。  

 ヤンキースとのワイルドカードゲームとレイズとの地区シリーズでは登録外だった。沢村はメジャー1年目の今季、レギュラーシーズンでは55試合に登板して5勝1敗0セーブ、防御率3・06の成績を残した。

 15日(同16日)、敵地ヒューストンでの第1戦前、沢村は日本メディアに対応し、シリーズへの意気込みを語った。

 その際の一問一答は以下の通り。

――今の気持ち、意気込みを。
 「ここまできたらやるだけなんで、しっかり自分の責任を果たしたいなと思います」

――チームからはどう伝えられたか。
 「必要だと思うからアクティベートしたと、その一言だけですね」

――起用方法はまだか。
 「起用法とかっていうのは、もう七回に投げようが九回に投げようが、短期決戦なんで。どんどんどんどんピッチャーは代わっていくんだと思いますし、いつ言われてもいいようにしっかり体を動かして準備したいなと思います」

――アストロズ打線の主力を抑えてきた。どう対戦したいか。
 「長打率がすごい高い打線なので、まあヒット、シングルヒットOKぐらいの気持ちで思い切って投げたいなと思います」

――好調をキープしていると言っていたが、どう調整してきたか。状態は。
 「つかんだっていうところまでは言えないですけど、自分のリリースの感覚だったり、いい手応えはブルペンとかキャッチボールで感じられているので、それを試合でできればいいなと思います」

――ワイルドカード、地区シリーズと見てきた。生かしたい部分は。
 「試合を見ていて勉強になる部分もありましたし、個人的にも投げたいなという気持ちはずっとあったので。登録されたんで、しっかりと仕事をまっとうしたいなと思います」

――うれしさ、これから頑張るぞなど、どういう気持ちか。
 「1年間やってきて、貢献してきたという自負があるので、そこは自信を持ってやっていきたいなと思いますけど」

――ワールドシリーズまであと一歩。キャンプからやってきて。率直にどんな気持ちか。
 「下馬評は低かったんですか、うちは?そういうことも知らなかったんで。なんか記事を見ましたけど、僕は素晴らしいチームだなと思いますし、勝たなければならないチームだと思います」

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月16日のニュース