巨人、歴史的失速10連敗でCS進出は? 残り4戦、14連敗フィニッシュだと広島は5勝3敗で3位浮上

[ 2021年10月16日 18:33 ]

セ・リーグ   巨人7―8広島 ( 2021年10月16日    東京D )

<巨・広25>9回2死二塁、中田は空振り三振に倒れゲームセット。捕手の会沢はガッツポーズ (撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人は今季カード最終戦となった広島戦(東京D)で必死の追い上げも及ばず、7―8で敗戦。12戦勝ちなしとなり、球団史上4度目の10連敗となった。

 2017年5~6月に喫した球団ワースト13連敗が近づくとともに、クライマックスシリーズ(CS)進出を争う4位・広島とのゲーム差は9月23日の14から3に。9月2日には貯金が15あったが、ついに今季初の借金2となった。

 広島はすでに自力でのCS進出の可能性はないが、巨人が失速中の9月24日~30日に6連勝し、10月6日から12日も再び6連勝と直近9試合で8勝1敗と絶好調が続いている。巨人は残り4試合で、広島は8試合。仮に巨人が残り試合を全敗すると球団ワースト更新の14連敗となり、その場合、広島は5勝3敗で巨人の勝率を上回ることになる。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月16日のニュース