天理2年連続センバツ視界!延長制し近畿大会8強!次戦は市和歌山と激突

[ 2021年10月16日 16:16 ]

高校野球秋季近畿大会1回戦   天理3―2滋賀学園 ( 2021年10月16日    皇子山 )

先発し好投する天理・南澤佑音
Photo By スポニチ

 天理が3―2で延長戦を制しベスト8へ進出した。

 2―2に追いつかれた直後の延長10回1死二塁の場面で3番・戸井零士(2年)が左越え2塁打を放ち、これが決勝点となった。「南澤を助けてやろうと思って無心で打ちました」と喜びを語った。
 投げては長身右腕・南澤佑音(2年)が10回を投げ149球、7安打2失点で公式戦初完投。チームを勝利に導き、2年連続のセンバツが視野に入ってきた。

 次戦は23日、市和歌山との対戦が決まった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月16日のニュース