日本ハム退任正式発表の栗山監督に勝利贈れず…由伸撃ちも今季19度目ドロー

[ 2021年10月16日 17:35 ]

パ・リーグ   日本ハム1―1オリックス ( 2021年10月16日    札幌D )

練習前に、選手、スタッフらにあいさつする栗山監督(撮影・高橋 茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムは16日、本拠地でオリックスと対戦。試合前には球団から栗山英樹監督(60)が今季限りで退任すると正式に発表された中、先発のバーヘイゲンが自身14連勝中で今季17勝を挙げている山本由伸と緊迫の投手戦を演じた。6回にR・ロドリゲスの一打で先制したが、2番手の堀が追いつかれ1―1の引き分けに終わった。

 バーヘイゲンが6回までゼロを並べたその裏、今や球界を代表する右腕となったオリックスの絶対エース由伸をつかまえた。先頭の西川がフォークボールをうまく左前に運び、この試合初めてのノーアウトのランナーに。野村が中飛のあと、近藤が右前に運び1死一、二塁。続く高浜が痛烈な一塁ライナーで倒れ、打席には“意外性の男”R・ロドリゲス。由伸が投じた103球目のスライダーを泳ぎながらも中前に運び待望の先制打となった。

 バーヘイゲンは7回98球でわずか2安打無失点の快投を見せ勝利を中継ぎ陣に託した。だが2番手・堀が8回に四球で出した宗をモヤの中前打で生還させてしまい同点に。このまま1―1で今季19度目のドローに終わり、退任を正式に発表した栗山監督に勝利を贈ることはできなかった。

 前日にはわずか3安打で2戦連続零敗を喫し、CS進出の可能性が消滅していた。
 

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月16日のニュース