×

阪神・伊藤将 18日の広島戦で先発復帰 救援経験生かす「改めて初回の入りを気をつけなければいけない」

[ 2021年10月16日 05:30 ]

キャッチボールで調整する伊藤将(撮影・成瀬 徹) 
Photo By スポニチ

 一時的にリリーフに配置転換されていた阪神・伊藤将は18日の広島戦で先発復帰する見込みだ。プロ初の救援登板だった13日の巨人戦では3回1安打無失点の好投で初ホールドを記録。シーズン終盤で培った貴重な経験を、再び戻る先発マウンドで生かす考えだ。

 「中継ぎでは特に試合の入りで間違うことができないと感じた。改めて先発でも初回の入りを気をつけなければいけないと感じました」

 逆転優勝に向けて落とすわけにはいかない一戦に向けて、「自分の投球をしっかりとして、全力で投げていきたい。そのために、低めに投げきる準備を徹底してやっていきたい」と気合十分。9月の戦列復帰後に好投を続ける高橋にも刺激を受け、「自分も同じ左投手として続きたい気持ちが強いです」と力を込めた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月16日のニュース