オリックス・モヤがチーム52イニングぶり適時打で同点 山本の負けを消す

[ 2021年10月16日 16:55 ]

パ・リーグ   オリックス―日本ハム ( 2021年10月16日    札幌D )

<日・オ24> 8回2死一、二塁、同点の中前適時打を放つモヤ (撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 オリックス・モヤが同点タイムリーを放った。

 0―1の8回2死一、二塁から掘の内より直球をコンパクトに振り抜き、中前へ。二塁走者の宗が生還し、試合を振り出しに戻した。

 この一打がチームに取って10日のソフトバンク戦の初回以来、52イニングぶりのタイムリー。

 6回1失点と力投しながら援護に恵まれなかった先発・山本にとっても、黒星が消える一打となり連勝記録ストップの危機も回避した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月16日のニュース