行くぞ奇跡の逆転CS! 広島・宇草のプロ初先頭打者弾から一挙4点 速攻促した誠也の助言とは

[ 2021年10月16日 14:49 ]

セ・リーグ   広島―巨人 ( 2021年10月16日    東京D )

<巨・広25>初回、ソロ本塁打を放ちナインに迎えられる宇草(撮影・島崎 忠彦)
Photo By スポニチ

 広島が逆転でのクライマックス・シリーズ進出に向けて速攻を仕掛けた。

 初回先頭の宇草が1ボールから直球を右中間席に運ぶ先制の3号ソロ。プロ初となる先頭打者弾で打線を勢いに乗せた。

 「誠也さんから“練習通り”と助言をもらっていたので、練習通りに打つことができた。(森下)暢仁を援護することができて良かったです」

 1死からは、西川、鈴木誠が連打で好機をつくると、2死一、三塁から菊池涼が左翼フェンス直撃の適時二塁打、林も中前の2点打で続いた。

 さらに、石原の右前打で2死一、二塁としたところで高橋が降板。初回から一挙4点を奪った。

 3位・巨人と最大14差あったゲーム差は、残り9試合で4差にまで接近。今季最後の直接対決で幸先よく先制に成功した。

 ▼広島・菊池涼 打ったのはストレート。追加点になって良かったです。
 ▼広島・林 打ったのはストレート。チャンスだったので積極的にいきました。ランナーを返すことが出来て良かったです。まだまだ頑張ります。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月16日のニュース