10失点のロッテはM8で足踏み 井口監督は「切り替えるしかない」

[ 2021年10月16日 17:40 ]

パ・リーグ   ロッテ4―10ソフトバンク ( 2021年10月16日    ZOZOマリン )

<ロ・ソ 23>敗戦するも井口監督は前を向きスタンドにあいさつする (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 ロッテは2桁10失点で大敗を喫した。先発の二木が2回途中5失点でKO。開幕投手を務めた右腕の早めの降板に井口監督は「それ以上はないですからね」と厳しい口調だった。

 打線は初回にレアード、山口のアベック弾など3本塁打を含む7安打4得点だったが、及ばず。オリックスが日本ハム戦に引き分けたことで、優勝マジックは「8」のまま。指揮官は「切り替えるしかない」とさばさばした様子だった。 

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月16日のニュース