ヤクルトドラ1山下輝 「かがやく」男になる!名前の本当の読み方は…

[ 2021年10月16日 05:30 ]

ヤクルトからドラフト1位指名された法大・山下輝(右)は小川淳司GMから指名あいさつを受けた
Photo By スポニチ

 「かがやき」ます。ヤクルトからドラフト1位指名された法大・山下輝が、川崎市の同大合宿所で指名あいさつを受けた。

 「ひかる」です。最速152キロの即戦力左腕の名前は「輝」と書いて「ひかる」。「てる」や「あきら」とも読めるため「よく間違われます。(チームメートからは)“かがやき”と呼ばれています」と苦笑いした。1メートル88、100キロの立派な体格の22歳は「開幕1軍を目標にまずはやっていきたい」と力強く語ったが、活躍すれば名前の読み間違いは激減する。

 小川淳司GMは「ボールの強さ、制球力、変化球の精度は非常に高い」と評価。現在チームでローテーションを担う左腕はベテランの石川と高橋のみ。先発左腕の一角として、輝きに期待がかかる。

 4番・村上とは同学年。まだ会ったことはなく、「日本を代表する打者。自分の投球を見ていただいて“ここが足りない”ということを参考にしたい。一緒に将来、引っ張っていきたい」と共闘を誓った。(青森 正宣)

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月16日のニュース