ドジャース シャーザーが締めた!メジャー初セーブでリーグ優勝決定S進出導く

[ 2021年10月16日 02:30 ]

ナ・リーグ地区シリーズ第5戦   ドジャース2ー1ジャイアンツ ( 2021年10月14日    サンフランシスコ )

37歳にしてメジャー初セーブを挙げたドジャースのシャーザー(AP)
Photo By AP

 総力継投でライバル対決を制した。ナ・リーグの地区シリーズ第5戦が14日(日本時間15日)に行われ、ドジャースがジャイアンツに2―1で勝利。2年連続のリーグ優勝決定シリーズ進出を決めた。9回はサイ・ヤング賞3度の先発右腕マックス・シャーザー投手(37)が締め、メジャー初セーブを挙げた。

 2―1の9回。シリーズが決着する一戦の最後を任されたのはシャーザーだった。110球を投げた第3戦から中2日だった。

 「ブルペンで待機するからには投げる覚悟でいないといけない」

 1死から三失で出塁を許したが、続くウェードを見逃し三振。最後はフローレスを宝刀スライダーで空振り三振に仕留め、マウンドに歓喜の輪ができた。7月末にナショナルズから加入した37歳。ポストシーズンを含め通算432試合目の登板で初セーブを記録した。

 デーブ・ロバーツ監督が「このシリーズに全てをつぎ込んだ」と言うように、先発を当初予定の20勝左腕ウリアスから救援右腕クネバルに変更した「オープナー」戦術がハマった。ウリアスは3番手で4回1失点。8回に守護神ジャンセンが無失点に抑え、直後の9回にベリンジャーが勝ち越し打を放った。

 昨季に続き、ブレーブスとワールドシリーズ出場権を争う。2日後の第1戦で先発する可能性があるシャーザーは「今夜はパーティーだ」と、つかの間の喜びに浸った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月16日のニュース