×

楽天 島内の究極のプラス思考 「凡退しても楽しく、明るく、堂々と」 決勝18号2ランを呼び込む

[ 2021年9月19日 18:30 ]

パ・リーグ   楽天4―2ソフトバンク ( 2021年9月19日    楽天生命 )

<楽・ソ18>笑顔でポーズを決める島内(左)と西口(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 その前向きな考え方は人生にも通じる。楽天・島内の究極のプラス思考。日々新たな試合がやってくるプロ野球の世界で、生き抜くための術(すべ)がそこにはある。

 「打てなくて当たり前だし切り替えが大事。凡退しても楽しく、明るく。凡退した時ほど堂々とベンチに帰ろうと思っている」

 3回1死一、二塁で捕邪飛に倒れたが、決して下は向かない。引きずることなく次へ。以前はチャンスで打席に入るたびに緊張に襲われた。しかし「考え方を変えた。緊張しても仕方がない」。打率3割で一流。失敗の方が多い野球の世界で前を向くための思考だった。7回2死三塁で放った決勝18号2ランは、そんな島内のポジティブシンキングが生み出したものだった。

 得点圏打率・342の勝負強さで、85打点はリーグ1位を独走。しかし本人は「正直、(打点王は)興味がない。それより20本打ちたい」と言う。18本塁打は18年の田中和に並び、球団の生え抜き選手で最多。残り28試合、島内がどこまで数字を伸ばすか楽しみだ。
 

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年9月19日のニュース