阪神・佐藤輝の昇格は? 2軍戦で4安打3打点と爆発、平田2軍監督「1軍も見ていると思うよ。見テル!」

[ 2021年9月19日 17:01 ]

ウエスタン・リーグ   阪神8-2中日 ( 2021年9月19日    ナゴヤ球場 )

<ウエスタン 中・神>試合前、平田監督(右)と話す佐藤輝
Photo By スポニチ

 2軍調整中の佐藤輝が3打席連続適時打を放つなど、5打数4安打3打点と躍動。平田2軍監督は内容を評価した上で、昇格は1軍首脳陣の判断とした。

 以下は平田2軍監督との一問一答。

 ――佐藤輝が4安打。
 「まあ、ノッテルな。ノッテきたな、ノッテル。打っテルよ」

 ――2日間室内で調整だったが。
 「意外とリフレッシュできて、打ち込んで。打ち込むことができたり、室内でずっとね、鏡見てスイングしたり、自分のイメージを取り戻しつつあるんでね。打球も上がったりしてるので、もうノッテルよ」

 ――1軍昇格は上の判断だと思うが。
 「もう10日になるの? それはもう、この結果を見てどうなるかというのは我々は調子を上げさせる。しっかりとファームでということなので、それ以上のことは何も言えないね」

 ――十分推薦できる内容ではある。
 「こういうのは(1軍首脳陣も)チェックできるんでね、放送もやってるし、見てると思うよ。見テル! ノッテル、見テル、打テル! テルテルやん。チェックできるもん」

 ――由宇に連れて行くかはまだ。
 「それは全然決まってない。これは今日の一軍の結果とか、こっちは受け身なので」

 ――4安打の内容は。
 「この間もヒット2本打ってから、やっぱりファームとはいえ、気分的に良くなって、今日4安打。第1打席で詰まりながらもセンター前。やっぱり結果がね、みんな欲しいんで、そういうところで、ホームランが出なかっただけという話や」

 ――前回はラインドライブの打球。今回は。
 「打球も上がってるし、ものが違うよ」

 ――村上が6回1安打投球。
 「素晴らしいね、まあ、栄枝のリードも素晴らしいし、このペアはほんと、まったく隙がないというか、きょうもコントロールといい全部いいもんね」

 ――10勝目で規定にも乗った。
 「規定にも乗ったし、防御率もダントツでしょ。だから日曜日、最終戦どうするかというところは、今日6回投げればというところだったけど。際どいボールも多いしね、ボールと言われても。その辺の本当、栄枝とのコンビというのは、1年生、佐藤輝もそうだけど。これはもうね、いい活躍をしてくれているわな」

 ――マジック「5」(取材時)。ソフトバンク負けている。
 「そういうことはまだ、な。ただ、こうやって選手たちが連勝が途切れた後もしっかりとした野球を、こうやって輝にしてもだけど。他の選手も含めて、1軍に隙あらばじゃないけど、呼ばれるのを期待しながらやってるんでね。その結果だと思うよ」

 ――野手は控えが3人で。
 「あ~だからね、片山にね、申し訳ないけど。片山もファーストやって勉強になるし。人数がいないけど、去年コロナで人数いない時もやってるしね。こういうところで、どうのこうのやりくりするのは我々の仕事なんで。こうやって片山もファーストで出たり、片山も勉強になるのよ。野手の気持ちやファーストから見ててリードからさ。(広島の)磯村がファーストがやってけど、坂倉もそうだけど、キャッチャーがいろんなポジション守れるようになれば、出るチャンスあるんやから」

 ――20歳の誕生日だった遠藤が2安打。
 「遠藤ね、2本打ってスチールもして。いい誕生日迎えたやん。地道にやってきて、まだまだだけど! 少しずつね。褒めたらあれだけどさ。こうやってずっと試合に出ているんで、結果は出ているわね」

 ――練習では江越選手にヤクルトの塩見を見習えと。
 「見習えじゃなくて、昨日塩見のあれ(サイクル安打)見たかって言ってね。真似しろじゃなくて、お前も負けへんって言って、参考に。今日もだから進塁打。江越にどういったバッティングするか感じをつかんでもらおうと思って、進塁打のサイン出したんや。ああやって右に、一、二塁間打てるんだもん。そういったことも含めて、こういった感覚で右に打つんだとね。今までだったら強引にバーンと。そこも魅力の1つだけど、何を求められているかっちゅうと、確実性とかも含めてなると思う。今日の進塁打とかは何かのきっかけにしてほしいね」

 ――次の広島戦の先発は
 「(西)純矢、二保、(藤浪)晋太郎」

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年9月19日のニュース