創部2年目の富士学苑中が全国大会初勝利 全日本少年春季軟式野球

[ 2021年9月19日 15:10 ]

投打で活躍し勝利に貢献した富士学苑中の前橋主将
Photo By スポニチ

 「文部科学大臣杯第12回全日本少年春季軟式野球大会日本生命トーナメント(スポニチ主催)」は19日、静岡県内8球場で第1日の競技を行った。

 磐田市豊岡野球場で行われた第1試合は、創部2年目の富士学苑中(山梨)が合志中(熊本)を1―0で下し、全国大会初勝利を飾った。

 富士学苑中の先発・前橋主将は6回2死まで投げ、打者25人に対し、2安打5奪三振無失点の好投、3回には唯一の得点となる右適時打を放つ活躍を見せた。

 あす2回戦で平方中(埼玉第2)と対決する。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月19日のニュース