ダルビッシュ今季9勝目の権利 7回3安打無失点9K

[ 2021年9月19日 11:01 ]

カージナル戦に先発したパドレス・ダルビッシュ(AP)
Photo By AP

 パドレスのダルビッシュ有投手(35)が18日(日本時間19日)、セントルイスでのカージナル戦で今季28度目の先発登板。

 ナ・リーグワイルドカード2つ目の枠に入るカージナルスに1・5ゲーム差、勝てば0・5ゲーム差に迫れる大事な試合。ダルビッシュは序盤の30球中20球が直球か2シームと速い球で押し、1~3回を三者凡退。

 4回1番のエドマンに右前打、2番ゴールドシュミットに四球で無死一、二塁のピンチを迎えたが、フィル・クージー球審の広いストライクゾーンを巧みに生かし、3番オニールを2-2から94・8マイル(約152・5キロ)の外角高めの直球で見逃し三振、4番アレナドも2-2から内角高めの69・4マイル(約111・7キロ)のカーブで見逃し三振。

 6回も代打カーペンターにセンター越えの二塁打、エンドマンの遊撃内野安打で無死一、二塁のピンチを迎えるが、再び広いゾーンを生かし、ゴールドシュミットを0-2から88・7マイル(約142・7キロ)のカットボールで見逃し三振、オニールも1-2から88・7マイルの外角高めのカットボールで見逃し三振。この日は9個の三振を奪ったが7個が見逃し三振だった。

 ダルビッシュは7回3安打1四球9奪三振、無失点の好投。球数は96球。2―0とリードし9勝目の権利を持って降板した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月19日のニュース