ソフトB・岩崎痛恨被弾 工藤政権ワースト借金4に指揮官「しっかり受け止めて」

[ 2021年9月19日 18:28 ]

パ・リーグ   ソフトバンク2―4楽天 ( 2021年9月19日    楽天生命 )

<楽・ソ18>7回2死三塁、島内(左)に勝ち越しの右越え2ランを打たれた岩崎(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 「勝利の方程式」が崩れた。3番手・岩崎が2―2の7回に登板。2死三塁から島内に投じた154キロ直球を完璧に捉えられ、痛恨の勝ち越し2ランを浴びた。これが決勝点となり、今季2度目の5連敗。クライマックスシリーズ出場がまた、一歩遠のいた。

 今季ワーストの借金「4」。工藤政権では初の屈辱だ。指揮官は「まあしっかり切り替えて…。選手には思いきりやってもらえたら良い。その結果が打たれてしまうこともある。僕らは勝っていくしないのでしっかり受け止めて。今日の負けを取り返すには明日、勝つしかない」と声を詰まらせた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月19日のニュース