×

大谷翔平 本塁打王争いライバルの動向は… トップのゲレロ、2位ペレスはともにノーアーチ

[ 2021年9月19日 11:51 ]

ブルージェイズ・ゲレロ(AP)
Photo By AP

 メジャーリーグの本塁打王争いは18日(日本時間19日)時点でトップはブルージェイズのウラジーミル・ゲレロ内野手(22)で46本。2位がロイヤルズのサルバドール・ペレス捕手(31)で45本、3位にエンゼルスの大谷翔平投手(27)で44本となっている。

 大谷が追うライバルたちはこの日ともにノーアーチで終わった。

 ゲレロは本拠地トロントでのツインズ戦に「3番・一塁」で出場して2打数1安打2四球。ペレスは本拠地カンザスシティでのマリナーズ戦に「3番・捕手」で出場。菊池雄星に2三振を喫したほか4三振も、8回に中前適時打を放って5打数1安打1打点だった。

 大谷は本拠地アナハイムでのアスレチックス戦に「3番・DH」で先発出場。5回を終わって、2打数無安打となっている。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年9月19日のニュース