×

阪神・糸原 Gとの直接対決第1Rで貴重な先制適時打 菅野の直球を中前へ

[ 2021年9月19日 18:24 ]

セ・リーグ   阪神ー巨人 ( 2021年9月19日    甲子園 )

<神・巨(19)>初回1死三塁、阪神・糸原は先制の中前適時打を放つ。投手菅野(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神・糸原が初回に先制の適時打を放った。

 先頭の近本が右翼への二塁打で好機を演出し、中野が犠打を決めて好機を拡大。1死三塁の好機で打席に立つと、カウント1―2から菅野の5球目147キロ直球を中前へ運んだ。三走・近本は悠々と本塁に生還し、幸先よく先制点を挙げた。 

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年9月19日のニュース