中日 自力CS進出消滅… 大野雄7回1失点粘投も好機生かせず、今季8度目零敗

[ 2021年9月19日 05:30 ]

セ・リーグ   中日0ー1阪神 ( 2021年9月18日    甲子園 )

<神・中(17)>中日先発の大野雄(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 中日は今季8度目の零敗を喫し、自力でのクライマックスシリーズ進出の可能性が消滅した。

 先発・大野雄は7回1失点と粘投も、9敗目。6回に糸原に浴びた右翼線適時二塁打が唯一の失点となり「高橋投手が抜群に良かったので先制点を与えたくなかったが、与えてしまったことは反省です」と唇をかんだ。打線がわずか4安打で今季ワーストタイの13三振とエースを援護できず。9回無死一、二塁も大島の犠打失敗が響いて好機を逸した。与田監督は「簡単にバントできる投手ではない」と相手守護神を称えるしかなかった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月19日のニュース