Bジェイズ・ゲレロ、大谷に2差キング46号! 12戦7発に指揮官「毎日驚かされる」

[ 2021年9月19日 02:30 ]

ア・リーグ   ブルージェイズ3ー7ツインズ ( 2021年9月17日    トロント )

ブルージェイズのゲレロ(AP)
Photo By AP

 ブルージェイズのゲレロが本拠地トロントでのツインズ戦の3回、1死から左翼に46号ソロを放った。ペレス(ロイヤルズ)と1位で並んでいた本塁打王争いで単独トップに立ち、大谷に2本差をつけた。

 球団によると、22歳以下のシーズン本塁打数で1937年のジョー・ディマジオ(ヤンキース)と歴代2位で並んだ。ここ12戦7発の量産態勢。チャーリー・モントーヨ監督は「彼には毎日驚かされる」と称えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月19日のニュース