×

頼れる主将の背中を見よ! 巨人・坂本が2戦連発、4戦4発目の17号2ラン

[ 2021年9月19日 19:09 ]

セ・リーグ   巨人―阪神 ( 2021年9月19日    東京D )

<神・巨(19)>2回1死二塁、坂本は左越えに2点本塁打を放つ。投手菅野(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 巨人のキャプテン、坂本勇人内野手(32)が3・5ゲーム差で追う首位・阪神との直接対決で2回に2試合連発となる17号2ラン。9日のDeNA戦(横浜)から9試合連続安打とした。

 「3番・遊撃」で先発出場。エース菅野が初回に先制を許して0―1で迎えた2回だった。大城の中前2点適時打と吉川の中越え3ランで5―1としてから入った第2打席で、相手先発右腕・ガンケルが1ボール2ストライクから投げた真ん中付近のツーシームを左中間スタンドに叩き込み、この回チーム7点目をスコアボードに刻んだ。

 坂本は15日のDeNA戦(東京D)で14号2ラン、15号ソロと2打席連発アーチ。4―6で迎えた9回には同点打を放って3安打4打点と活躍して岡本和のサヨナラ犠飛を演出した。18日のヤクルト戦(東京D)では4回に反撃ののろしを上げる16号ソロ。7回には左翼線へ同点の2点適時二塁打を放って2安打3打点とし、一時は4点差をつけられた試合を今季16度目のドローに持ち込んだ。

 2戦連発、直近4試合で4発目となった坂本の本塁打。キャプテンが頼もしい背中を見せてチームをけん引している。

 ▼坂本 打ったのはシュートです。いいスイングができたし、追加点がとれて良かったですね!まだまだ序盤なので気を引き締めて、試合に集中します。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年9月19日のニュース