ソフトバンク・甲斐 「大分対決」制す!同郷の後輩・森下撃ち「こういう経験ができることは幸せ」

[ 2021年7月18日 05:30 ]

マイナビオールスターゲーム2021第2戦   全パ4-3全セ ( 2021年7月17日    楽天生命 )

<全パ・全セ>3回無死、甲斐は中前打を放つ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 先発出場したソフトバンク・甲斐が、同郷の広島・森下との“大分対決”を制した。

 1―1の3回に先頭で中前打。初球から6球連続で直球勝負を挑まれた後のカーブを巧打し、「オールスターでこういう経験ができることは改めて幸せだなあ」と感慨に浸った。

 侍ジャパンでは森下をリードする可能性がある。「いい投手とバッテリーと組めて勉強になった」。この経験を代表で還元するつもりだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年7月18日のニュース