×

オリックス・杉本「ここしかないと思って少し長めに」球宴初安打が本塁打、ラオウ昇天ポーズ披露

[ 2021年7月18日 05:30 ]

マイナビオールスターゲーム2021第2戦   全パ4-3全セ ( 2021年7月17日    楽天生命 )

<全パ・全セ(2)>2回2死、ソロ本塁打を放ちポーズを決める杉本 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 誇らしげに右腕を突き上げた。本塁打を放った際、ベンチ前で繰り出す恒例の昇天ポーズ。全パのオリックス・杉本は「ここしかないと思って、少し長めにやりました」と狙った。人気漫画「北斗の拳」のラオウに心酔する大男が圧倒的なパワーを全国に知らしめた。

 0―1の2回2死、柳の141キロ直球を力で左中間席へと運んだ。「完璧です。打った瞬間、入ると思った」。17年9月9日、プロ初安打を本塁打で飾った仙台。球宴初安打も本塁打で記録し、「好きな球場」と満面の笑みだった。

 6回は山田の大飛球を右翼フェンスに激突しながら好捕。「結果を気にせずに楽しもうと思っていて、それができて良かった」。6年目30歳での初出場で敢闘選手賞。文字通り走攻守全てで、全力を出し尽くした。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年7月18日のニュース