則本昂!松井!楽天戦士が魂のリレー 震災から10年の“東北球宴”、強い思い投球に込め

[ 2021年7月18日 05:30 ]

マイナビオールスターゲーム2021第2戦   全パ4ー3全セ ( 2021年7月17日    楽天生命 )

<全パ・全セ>2イニングを無失点に抑え、甲斐(左)と握手する則本昂(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 「マイナビオールスターゲーム2021」の第2戦が17日、楽天生命パークで行われ、全パが4―3で勝利。2試合を1勝1敗で終え、通算86勝80敗11分けとした。東日本大震災が発生した11年以来10年ぶりの同球場での開催で、島内宏明外野手(31)が決勝打を含む3安打3打点でMVPを獲得。則本昂大投手(30)が救援で2回無失点に抑えるなど地元球団の選手が躍動し、まだまだ復興途上の東北に明るい話題を届けた。

 全パの則本昂が魂の直球勝負で2回零封だ。6回から4番手で登板し1死から大島、ウィーラーを連続三振。元同僚のウィーラーには4球全て直球で押した。7回も佐藤輝をフォークで空振り三振。最速154キロを記録し「震災から10年たち、何としてもやらないとという思いはある」と強い思いをにじませた。

 宋家豪(ソンチャーホウ)を挟み9回は松井。「追い付かれなければ島内さんがMVPだと分かっていた」という左腕は3者凡退で1点リードを締めた。地元での球宴で計7人が選出されたが、この日も田中将と主砲の浅村が欠場。則本昂が「2人の分も楽天の選手が頑張って、島内さんがMVPを獲れて良かった」と言えば、松井も「見たいファンもたくさんいたと思う。その分(小深田を含む)5人がこうして頑張れた」と胸を張った。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年7月18日のニュース