広島・森下 4回は全球ストレート勝負で3人斬り「いつもと全然違う雰囲気で楽しかった」

[ 2021年7月18日 05:30 ]

マイナビオールスターゲーム2021第2戦   全セ3-4全パ ( 2021年7月17日    楽天生命 )

<全パ・全セ>3回から登板する森下(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 全セの2番手・広島の森下は、初球宴を2回2失点で終えた。3回先頭の甲斐に6球連続の直球勝負で仕留めきれずに、7球目のカーブを中前に運ばれた。さらに、荻野の二塁打で1死二、三塁。続く明大先輩の島内には、右前への勝ち越し2点打を献上した。

 4回は全球直球に切り替え、3者凡退に抑える意地。「直球でどれだけ抑えられるのか…という思いがあった。いつもと全然違う雰囲気で、とても楽しかった」と夢舞台を満喫した。

 先発だった明大先輩の柳との継投も実現し、「なかなかないこと。準備をしていて全部は見られなかったけれど、いいつなぎができてよかった」と大満足。東京五輪で同僚となる坂本、山田らとの野球談議も楽しんだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年7月18日のニュース