オリ宮城 石橋貴明から今後の髪型聞かれ「今年20歳なのでオシャレになりたい」

[ 2021年7月18日 10:11 ]

オリックス・宮城
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「とんねるず」の石橋貴明(59)がパーソナリティーを務めるTBSラジオ「日本生命presents 石橋貴明のGATE7」(日曜前7・00)が18日に放送され、オリックス宮城大弥投手(19)が石橋のリモートインタビューに応じた。

 プロ入り2年目で、前半だけで9勝を挙げる大活躍。球宴にも初選出された左腕。好調オリックスの前半のキーマンとしてインタビュー。モニタに大きく映し出された宮城に、石橋は思わず「かわいいです、ものすごくかわいいです。高校2年生の男の子としゃべているような感じ」といきなり目を細めた。

 今年6月、長かった髪をいきなり切り、高校球児のような丸刈りにしたことでも大きな話題に。御利益がありそうな見た目から、チーム内では「宮城大明神」として拝まれ、「神様、仏様、宮城様」の文言がプリントされたTシャツなどオリジナルグッズも大人気となっている。

 石橋から「なぜそこまで短くしようと思った?」と聞かれた宮城は「短髪する髪型が見つからなくて、じゃあ、坊主でいいやってやりました。自分でうまくイメージが付かないなと思って、後輩の子にお願いして。高校の時を思い出しました」と回答。グッズについても「たまたまなっちゃいました。(完売)したらしいです」と続けた。

 今後はまた髪を伸ばす予定だといい、「今年20歳なのでオシャレになりたいなと思って」と答え、和ませた。

 子どもの頃、ビニール製のグローブを父親が柔らかくしようと、電子レンジにかけ、溶けてしまったエピソードにも触れ、「あれはホントです。自分はあの時、大泣きしました。1個しかなかったので、焼けて臭くなったり、形がもうグローブじゃなかったので、大泣きして、お父さんが謝ってました。もう臭かったです」と振り返った。

 そんな宮城の様子に、石橋もメロメロ。「とにかくチーム内でもいじられキャラだって分かる。返しがいいです、非常に!」と絶賛。「いい子ですよね、本当にいい子。本当に沖縄のサトウキビのようないい子、まっすぐな子」と感心した。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年7月18日のニュース