×

ソフトバンク・栗原 “万能侍”だ!球宴初の1試合4ポジション守り五輪へアピール「凄く楽しい2日間」

[ 2021年7月18日 05:30 ]

マイナビオールスターゲーム2021第2戦   全パ4-3全セ ( 2021年7月17日    楽天生命 )

<全パ・全セ>8回、捕手を務めた栗原。打者・鈴木誠 (撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・栗原にとっては慌ただしい試合となった。一塁手で先発して、捕手など守備位置を転々。球宴史上初めて1試合で4つのポジションを守った。

 「いろんなポジションを守り、貴重な経験をさせてもらいました。(工藤)監督には感謝したいです」

 一塁に始まって4回からは三塁、7回からは左翼、8回からは捕手、そして9回にまた一塁に戻った。攻守交代時には西武の源田にいじられて、マウンドへ向かおうとする一幕も。打つ方は第1戦で1打数無安打、第2戦は3打数無安打で初出場の球宴で初安打はお預けとなったが、守りで存在感を示した。

 4種類のグラブ、ミットを常に用意している栗原のことを知っている工藤監督は狙いを明かした。「ファンに向けて栗原という選手はいろんなポジションを守れるんですよということをアピールしたかったので。よく頑張ったと思います」。レギュラーシーズンでは3ポジションを昨季5試合、今季1試合で守ったことがあるが、夢の球宴でその上をいくユーティリティー性を発揮した。

 さらにこの日は本塁打競争で同じ福井県出身のオリックス・吉田正の打撃投手役を務めた。前夜に頼まれて快諾。死球をぶつけてしまうハプニングには顔をしかめたが、先輩の優勝をアシスト。「凄く楽しく2日間をやらせてもらいました」と笑みを浮かべた。

 東京五輪に挑む侍ジャパンでも、捕手と内外野をこなせる“万能侍”として期待されている。「また気持ちを引き締め、日本のためにしっかり頑張りたいなと思います」。20日から始まる仙台合宿を前に準備は整った。(井上 満夫)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年7月18日のニュース