高校野球 部内感染者なしでも出場辞退に疑問、納得、様々な声…「なんで?」「仕方ない」

[ 2021年7月18日 14:47 ]

甲子園球場
Photo By スポニチ

 第103回全国高校野球選手権地方大会では18日までに、新型コロナウイルス感染拡大による出場辞退が相次いでいる。

 17日、鳥取大会では今春県大会で優勝した米子松蔭の学校関係者の新型コロナ感染が確認されたため、出場を辞退することが発表された。発表時点で野球部内の感染は確認されなかったにも関わらず辞退という決定に、ネット上では疑問の声が挙がった。

 「チーム内に感染者が出たわけじゃないのになんで?」「なんとかならないのか」「ひどすぎる」「3年生がかわいそう」「いくらなんでもやりすぎ」「高校野球は出場辞退、東京五輪は開催。あまりに理不尽」と同情の声が多い一方、「東京五輪は開催反対でも高校野球は気の毒というダブルスタンダード」「ルールに則っているとは思うけど辛いですね。“なのに五輪は!”と言いたい気持ちも分かるけどそこは各団体ごとの決め事なので」「かわいそうだけど仕方ないのかなあ」という声もあった。

 米子松蔭以外でもコロナ関連での辞退が相次いでいる。

 神奈川大会では城郷と藤沢工科が感染拡大により対外部活動が禁止となったため、出場を辞退。新潟大会では昨夏独自大会優勝の中越、福井大会では今春県大会準優勝の強豪・福井商が校内での感染拡大により出場を辞退した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年7月18日のニュース