×

ヤクルト・村上 松井秀喜に次ぐ史上2番目の若さで球宴4番も無安打

[ 2021年7月18日 05:30 ]

マイナビオールスターゲーム2021第2戦   全セ3-4全パ ( 2021年7月17日    楽天生命 )

<全パ・全セ>7回無死一、三塁の場面でリプレー検証となりバックスクリーンを見つめる(左から)山田、ウィーラー、山崎康、村上、中野、梅野ら
Photo By スポニチ

 全セのヤクルト・村上が、松井秀喜の20歳1カ月に次いで史上2番目に若い21歳5カ月で球宴4番を務めた。この日は4打数無安打で第1戦を含めて5打席で無安打。平良や宮城との対戦に「ワクワクした。次は打てるように」と誓った。

 本塁打競争では準決勝敗退も、平均打球速度157キロをマーク。日産リーフ賞を獲得し「打球速度も飛距離ももっと伸ばしたい」と笑顔だった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年7月18日のニュース