×

専大松戸エース・深沢9K完封!ロッテスカウト「斎藤雅樹さんのようになれる可能性がある」

[ 2021年7月18日 05:30 ]

第103回全国高校野球選手権千葉大会5回戦   専大松戸1ー0東海大市原望洋 ( 2021年7月17日    ZOZOマリン )

<専大松戸・東海大市原望洋>専大松戸の先発・深沢(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 春夏連続の甲子園出場を目指す専大松戸のエース右腕・深沢鳳介(3年)は5安打9奪三振で1―0の完封勝利を挙げた。最速144キロを計測したサイド右腕は、最後の打者を二ゴロに打ち取った際に足をつり、治療のため試合後の取材には現れず。力を振り絞った快投に、持丸修一監督は「絶対にここで負けてはダメと(先発を)深沢でいった。(今日の試合は)深沢に尽きる」と称えた。

 プロ注目の深沢はセンバツ後に平均球速アップを目指した。昨秋は最速137キロだったが、この日は140キロ台を30回以上も計測した。視察したロッテ・榎康弘アマチーフスカウトは「ベースを広く使うことができ、投球がうまい。将来は(元巨人の)斎藤雅樹さんのようになれる可能性がある」と、通算180勝を挙げたサイドハンドの姿を重ねた。(柳内 遼平)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年7月18日のニュース