巨人が坂本、ウィーラーのアベック弾で先制 坂本は通算250本塁打にあと2 「1球で仕留められた」

[ 2021年5月7日 18:17 ]

セ・リーグ   巨人―ヤクルト ( 2021年5月7日    東京D )

<巨・ヤ6>初回1死、先制ソロ本塁打を放つ坂本(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 巨人が1回1死から坂本が3試合ぶりとなる左越え6号ソロで先制。さらにウィーラーが2打者連続となる左越え5号特大ソロで追加点を挙げた。

 坂本は1ボールからスアレスの153キロ直球を捉え、ウィーラーは2ボール1ストライクからスライダーを弾き返した。

 坂本は通算250本塁打にあと2本に迫った。

 ▼坂本 ストレートに力負けせず1球で仕留めることができました。先制できて良かったです。

 ▼ウィーラー 積極的に振っていった結果がいい方向に向かってくれたよ。(坂本に)続けてうれしいねえ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年5月7日のニュース