ロッテ井上、今季1号で待望の「ごっちゃし!」 「やっと出てくれました」

[ 2021年5月7日 19:45 ]

パ・リーグ   ロッテ―オリックス ( 2021年5月7日    ZOZOマリン )

<ロ・オ 7>4回無死一、二塁、井上は右中間本塁打を放つ (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 ロッテ・井上晴哉内野手が待望の今季1号アーチを放った。

 2点リードの4回無死一、二塁から山岡の直球を右中間へはじき返した。昨年11月9日の日本ハム戦以来となる3ランに、「打った球種は分かりません。ランナーを進めるつもりで思い切って打ちにいって、結果としてホームランになってくれてよかったです」と振り返った。

 ベースを一周すると、ベンチ前で久々の「ごっちゃし」のポーズも決め、「やっと一本出てくれました」とうれしそうだった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年5月7日のニュース