阪神 新助っ人もいるけど…虎のプロスペクトが躍動 小野寺が走者一掃&井上は特大ソロ

[ 2021年5月7日 14:04 ]

ウエスタン・リーグ   阪神―ソフトバンク ( 2021年5月7日    鳴尾浜 )

阪神・井上広大
Photo By スポニチ

 期待のプロスペクトの活躍で阪神が序盤からリードを広げた。スコアレス3回2死満塁で先月に育成枠から支配下に昇格した小野寺が中堅へ走者一掃の適時二塁打で先制。さらに5回には1死から2年目の井上が今季3号ソロを左翼防球ネットに突き刺して追加点を叩き出した。先発のアルカンタラ、3番・左翼で出場しているロハスと新助っ人コンビに注目が集まる中、次代の中軸を担うことが期待される2人が躍動した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年5月7日のニュース